教育のために

顕微鏡

家庭において小さいものを拡大して見たいと思うとルーペや虫眼鏡を使うのが一般的です。しかし、もっと小さいものを見たいと思ったときに役立つのが顕微鏡であり、小学校や中学校の授業の中でも微生物の観察等に取り入れられています。 顕微鏡は教育現場や研究活動を行っている企業において用いられる業務用のものと考えられがちです。しかし、家庭でも使える安価で小型のものが流通しています。そのため、ルーペや虫眼鏡の代わりに顕微鏡が欲しいと思ったら大きな文具店や玩具屋、あるいは科学用品を扱っている専門店に行くことで購入することができます。より高度なものが必要な場合には光学機器を扱う専門業者に依頼することで設置まで含めたサービスを提供してもらうことも可能です。

虫眼鏡やルーペに代わって顕微鏡を家庭で手に入れることのメリットは学習に活用できるということです。幼い子どもがいる家庭では、その子どもの自由な考え方を伸ばすような教育を少しずつしていく必要があります。その方法として顕微鏡による観察を取り入れることができるのです。 自然に興味を持った子どもであれば、草木や水を採取してきてそれを顕微鏡で観察することにより、見えなかったミクロの世界を体験してもらうことができます。それに興味を持てば自発的に色々なものを見てみたいと思うようになるでしょう。そうすることによって好奇心を育むことができ、将来的に前向きな姿勢でやりたいことに自ら取り組んでいくための考え方を身につけることができるのです。そういった小さい子どもの教育のために家庭でも顕微鏡を取り入れると役立つのです。